東京オリンピック・パラリンピック 聖火リレーがスタート 辞退した芸能人・著名人の一覧とその理由

東京オリンピックパラリンピック2020聖火リレースタート 政治・経済・社会

東京五輪の聖火リレーが3月25日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)からスタートした。121日間をかけ、47都道府県、859自治体を約1万人のランナーが聖火をつなぐ。

リレーに先立ち、出発式がJヴィレッジの全天候型練習場で実施された。感染対策のため式典には一般の観客を入れず、内容も昨年の計画時から簡素化された。

大会組織委員会の橋本聖子会長や小池百合子東京都知事、政府からは丸川珠代五輪担当相が出席。福島県の内堀雅雄知事らの他、聖火リレー公式アンバサダーを務める柔道五輪金メダリストの野村忠宏さんや女優の石原さとみさんらも顔をそろえた。

聖火リレーを辞退した芸能人・著名人

当初予定されていた芸能人・著名人ランナーで、辞退した人の一覧(走行都道府県、氏名、肩書)を作成した。

福島県 澤 穂希  元サッカー女子日本代表
数か月前から三半規管に不調を抱えており、体調不良を理由に参加を辞退した。

福島県 川澄奈穂美 サッカー選手
福島県 熊谷紗希  サッカー選手
福島県 岩渕真奈  サッカー選手
福島県 永里優季  サッカー選手
東京五輪の大会組織委員会は、なでしこジャパンの2011年ワールドカップ優勝メンバーを聖火リレーの第1走者とすることを発表した。しかし、川澄奈穂美(スカイ・ブルーFC/アメリカ)、永里優季(シカゴ・レッドスターズ/アメリカ)、熊谷紗希(リヨン/フランス)、岩渕真奈(アストン・ビラ/イングランド)といった海外クラブに所属する選手は、新型コロナウイルスの影響による入国制限の問題で続々と辞退を表明した。

福島県 香川照之  俳優
初日の第4走者としてJヴィレッジを走ることになっていたが、組織委員会によると走らないことが決まった。辞退の理由については公表されていない。

福島県 大迫 傑  マラソン選手
25日に出発式が行われる福島県のJヴィレッジで走る予定だったマラソン男子代表の大迫傑選手が参加を辞退したことが3月16日、明らかになった。同選手はケニアで合宿に入っている。

福島県 TOKIO  アイドルグループ
昨年12月の段階で、「スケジュールが合わない」として辞退を申し出た。

福島県 斎藤 工  俳優
所属事務所は新型コロナの影響で撮影スケジュールが流動的となり、調整がつかなくなったと説明している。

福島県 窪田正孝  俳優
昨年の段階でスケジュールが合わず、辞退を伝えていた。

茨城県 渡辺 徹  俳優
今年1月、先に確定していた舞台のスケジュールと調整がつかなくなったため辞退したと申し出た。

栃木県 田村 優  ラグビー選手
リレー前日に所属するチームの試合があることを理由に辞退を伝えた。

神奈川県 秋山里奈  パラ競泳選手
2012年ロンドン大会の競泳女子100メートル背泳ぎ(視覚障害)で金メダルを獲得した。「五輪の開催に疑問がある」として神奈川県に辞退の意向を伝えた。

富山県 田知本遥  柔道家
オリンピックの延期が決まった去年の春に、スケジュールの都合で辞退していた。

石川県 常磐貴子  女優
所属事務所は「舞台への出演が決まっていたため」と辞退する理由を説明した。

福井県 五木ひろし  歌手
「誠に残念ながら今回はスケジュール都合のため、辞退させていただきます」とコメントした。

山梨県 成島 出  映画監督
県によると、2月26日に成島さんから「仕事の関係で都合がつかなくなった」と連絡があったという。

長野県 渡部暁斗  スキー選手(ノルディック複合)
県によると、渡部選手は現在、海外での大会に遠征しており、帰国後に新型コロナウイルス対策で自主隔離が必要になったという。

愛知県 宇野昌磨  フィギュアスケート選手
宇野選手は3月28日までスウェーデンで開かれている世界選手権に出場中。帰国した場合、新型コロナウイルス対策の自主隔離期間(14日間)が必要なため、宇野選手の関係者が聖火リレーに間に合わないと判断した。

愛知県 藤井聡太  将棋棋士
関係者によると、五輪が延期になり先の見通しも立たないことが理由。

愛知県 田村 淳  お笑いタレント
大会組織委員会の森喜朗元会長の「オリンピックはコロナがどんな形であっても開催するんだ」という発言を受け、聖火ランナーを辞退した。

兵庫県 笑福亭鶴瓶  落語家
事務所を通じて「スケジュールの都合が合わないため」と連絡があった。

和歌山県 湯元兄弟(健一・進一)  元レスリング選手
2人とも4月9~11日にカザフスタンで開催される東京五輪アジア予選にコーチとして参加するため、日本レスリング協会と協議して辞退を決めた。

高知県 広末涼子  女優
辞退の理由は「スケジュールの調整が難しくなった」と説明している。

福岡県 黒木 瞳  女優
福岡県によると、沿道に観衆が集まることによる新型コロナウイルスの感染リスクを懸念し、参加を遠慮したいと申し入れがあったという。

大分県 阿部真央  シンガーソングライター
スケジュールの都合で昨年11月に申し出があった。

熊本県 正代  大相撲力士
「本場所の4日前はきつい。残念だが本業をおろそかにできない」と辞退の理由を話した。

沖縄県 玉城ティナ  女優
「仕事の都合がつかなくなった」として辞退を申し出た。

沖縄県 知花くらら  モデル
「第2子妊娠のため、苦渋の決断で辞退する」と説明している。

【関連記事】

福島県ゆかりの著名人聖火ランナー7人、TOKIOと俳優窪田正孝は辞退

聖火ランナー、相次ぐ「辞退」に波紋

【米仏中韓タイ・世論調査】 東京五輪「中止か延期」全ての国で7割超

【日米欧・世論調査】オリンピック開催に反対、日英独が過半数、スウェーデン、フランスは反対が賛成を上回る

森喜朗JOC会長 過去の失言集 失言ではなく持論