いよいよ本性がバレてきた菅総理 自分に不都合な人物は消す

秋のススキ 政治・経済・社会

日本科学者会議は政府から独立した立場で政策提言を行う科学者の組織。新会員として推薦した候補者105人のうち、6人を菅総理が任命しなかった。総理が任命しなかったのは、現行の制度になった2004年度以降では初めてのことだ。

菅首相は、内閣記者会のインタビューで、日本学術会議の会員候補6人を任命しなかった理由について、

「学問の自由とは関係ない。日本学術会議は政府の機関であり、年間約10億円の予算を使って活動している。総合的・俯瞰的に活動を確保する観点から、今回の任命について判断した。」

と説明したが、6人を拒否した具体的な理由には言及しなかった。
会員は210人。任期は6年で、3年ごとに半数が交代する。その選考について、日本学術会議法には、

第七条 2 会員は、第十七条の規定による推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。

第十七条 日本学術会議は、規則で定めるところにより、優れた研究又は業績がある科学者のうちから会員の候補者を選考し、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣に推薦するものとする。

と定められている。

選考基準は、「優れた研究又は業績がある科学者のうちから会員の候補者を選考し」であるから、菅総理が6人を任命しない理由はこの基準から外れているか、或いは他に理由があるのか、説明すべきである。

6人は学者として優れた業績をお持ちの方だ。

加藤陽子・東京大学教授(日本近代史)は、近代日本の軍事や外交の歴史を主に研究する第一人者。2010年、著書「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」で、優れた評論やエッセーに贈られる小林秀雄賞を受賞した。NHKのテレビやラジオで、加藤教授が、日本が何故戦争に突入したのか、何故阻止できなかったかについて言及した放送を視聴した方は多いのではないか。福田康夫内閣では公文書管理のあり方についての有識者会議のメンバーに加わった。

政治学者の宇野重規・東京大学教授(政治学)は、2007年、フランスの政治思想家を扱った「トクヴィル 平等と不平等の理論家」でサントリー学芸賞を受賞した。西洋政治思想史や民主主義のあり方を論じる著書で知られている。

芦名定道・京都大教授は、近現代のキリスト教思想が専門で、1995年に日本宗教学会賞を受賞した。

6人とも、「優れた研究又は業績がある科学者」として申し分のない学者だ。

菅総理が任命しなかった理由として考えられることは、安倍内閣が推し進めた「安全保障関連法」「特定秘密保護法」「共謀罪法」「辺野古移設」のいずれかに、6人は反対の言動をしたということだ。

菅総理の本質は、「自分に反対する者は容赦なく切り捨てる」「反対する者を社会的活動の場から葬り去る」である。言論弾圧した戦前の日本のようだ。

菅総理出身大学の総長が声明、任命拒否は「学問の自由に違反」
菅内閣、露骨な言論統制。この度は学問の世界に政治介入して来た
表面は優しい「令和おじさん」 実態は冷徹で恐ろしい総理

コメント

  1. […] いよいよ本性がバレてきた菅総理 自分に不都合な人物は消す菅内閣、露骨な言論統制。この度は学問の世界に政治介入して来た表面は優しい「令和おじさん」 実態は冷徹で恐ろしい […]

  2. […] いよいよ本性がバレてきた菅総理 自分に不都合な人物は消す | Nの広場 より: 2020年10月6日 14:54 […]

  3. […] 菅総理出身大学の総長が声明、任命拒否は「学問の自由に違反」いよいよ本性がバレてきた菅総理 自分に不都合な人物は消す菅内閣、露骨な言論統制。この度は学問の世界に政治介入して来た表面は優しい「令和おじさん」 実態は冷徹で恐ろしい総理 […]

  4. […] 学問の自由、表現の自由を侵害する菅義偉総理菅総理出身大学の総長が声明、任命拒否は「学問の自由に違反」いよいよ本性がバレてきた菅総理 自分に不都合な人物は消す菅内閣、露骨な言論統制。この度は学問の世界に政治介入して来た表面は優しい「令和おじさん」 実態は冷徹で恐ろしい総理 […]

  5. […] 【参考】日本学術会議問題いよいよ本性がバレてきた菅総理 自分に不都合な人物は消す (2020年10月6日)菅総理出身大学の総長が声明、任命拒否は「学問の自由に違反」 (2020年10月 […]