竹中平蔵氏は学者というより政商。東京五輪開催の3つの理由は間違っている

竹中氏の主張は間違っている_データで検証 政治・経済・社会

【竹中平蔵】

竹中平蔵氏は学者というより政商。東京五輪開催の3つの理由は間違っている

悪質な「ピンハネ男爵」竹中平蔵氏 東京五輪で「中抜き大儲け」のカラクリ

パソナ1000%の衝撃! コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

私利私欲まみれで暴利を貪る『偽善者』が、「世論は間違ってますよ」と発言

竹中平蔵氏が主張する「東京五輪開催の3つの理由」は本当か?

パソナ会長、竹中平蔵氏が、6月9日、東京五輪開催の理由を自身のYouTubeチャンネルに「竹中平蔵【東京五輪】開催すべき理由を徹底解説」というタイトルで語った。

五輪支持の竹中平蔵パソナ会長「スペイン風邪でもやった」発言に自民党が大迷惑「援護射撃になっていない」(牧忠則 AERAdot. 2021.6.10 13:35)より

その中で竹中氏は、3つの理由を挙げている。

1つ目の理由として、「オリンピック・パラリンピックは国内イベントではないということです。世界のイベントなんです。従って本来ならば日本の国内事情でこの世界的なイベントを止めるというのは、やはりこれはあってはいけないことだと思います。

日本としては国際的な責任を果たすために国内事情をしっかりとコントロールしながら実行に移す責任がある。それが実は日本で開催されるオリンピック・パラリンピックの本質的な問題だという風に思うんです」と語った。

2つめの理由として、新型コロナウイルスの流行が五輪を中止する根拠になりえないことを主張した。竹中氏は過去にオリンピック・パラリンピックを中止した事例として第一次世界大戦、第二次世界大戦の時を引用。

「世界大戦の時はさすがに世界が真っ二つに割れているわけですから。これは国内事情ではなくて世界の事情でできないから止めているわけです」と五輪の開催中止が正当であることを強調した。

そして、今回の東京五輪の状況に類似した1920年のアントワープオリンピックを取り上げ、「1918年から数年間、世界はスペイン風邪というパンデミックに襲われました。しかしこのパンデミックの中でベルギーのアントワープでの五輪はきちっとやられました。パンデミックだからやめたということではなかったわけです」と説明した。

3つ目の理由がワクチンだ。「この数か月の間にコロナ問題に対する世界の認識は大幅に変わったということです。日本では依然として人流を抑えるためにどうこうという話をしていますけど、私の認識ではイギリスやアメリカでは、もうそんな議論はしておりません」とワクチンの接種率が高い諸外国はコロナの感染が収束していることを説明。

「今やるべきことはワクチンを普及させること、そして国際的責任を果たすために日本は今このオリンピック・パラリンピックを万全の対策を講じながらきっちりとやり抜くこと」と持論を展開した。

竹中平蔵氏の主張は、ことごとく間違っている

権力に絶大な影響力を有する竹中氏は、コロナ禍では政府の企業支援金を中抜き、五輪では人材派遣をパソナが独占、彼は学者というよりあくどい政商だ。

世論に向かって「世論は間違っていますよ」と平気で主張する竹中氏のことだから、税金のピンハネを指摘されても痛くも痒くも感じていない。

五輪開催を強く主張するのは、五輪でパソナが儲けるため。竹中氏が挙げた理由は3つとも間違っている。

間違い1.世界的なイベントは日本の国内事情で止めてはいけない

理由の第1は、オリンピック・パラリンピックは国内イベントではなく、世界のイベント。従って日本の国内事情で中止してはいけない、というもの。

その主張は間違っている。日本はIOC(国際オリンピック委員会)の属国ではない。イベントの開催が原因で国民の命が危険に晒されるリスクがあれば、政府は開催を中止すべきだ。

安全に開催するというのなら、主催者及び政府は、その科学的・医学的根拠を明らかにし、国民と選手に説明すべきである。

不都合なことは、主催都市である東京都の小池知事はだんまりを決め込む。菅総理は「世界から選手が安心して参加できるようにするとともに、国民の命と健康を守っていく、これが開催の前提」と、壊れたレコードのように繰り返すだけ。

誰も安全を断言しない。国民の不安が高まる中で、開催を前提に事が進んで行く。オリンピック開催により、1人でも命が奪われる事態が発生したら、誰が責任を取るのか。責任を取るとしても、失った命は帰ってこない。

誤魔化しだらけの菅総理の国会答弁を記載する。

参議院決算委員会(令和3年6月7日)の議事録より

水岡俊一君 私は、総理には選択肢として、開催をする、あるいは中止をする、あるいは延期をする、そういった三つの選択肢があると思いますが、総理はその三つの選択肢をお持ちなんでしょうか。

内閣総理大臣(菅義偉君) 私、先ほどもお答え申し上げましたけれども、選手や大会関係者の感染対策をしっかり講じて、世界から選手が安心して参加できるようにするとともに、国民の命と健康を守っていく、これが開催の前提と考えており、こうしたことが実現できるように対策を講じていきたいというふうに思います。

水岡俊一君 開催の前提ということでありますから、じゃ、その前提が崩れると開催できないということになりますよね。そういったときに、総理はやむなく中止をするという選択肢を取ることができるんでしょうか。

内閣総理大臣(菅義偉君) 私自身は主催者ではありません。これは、東京都、組織委員会、JOC、JPC、IOC、こうした中で最終決定がされると思いますけど、私自身は我が国の国民の安全、安心を守る、そうした使命が内閣総理大臣としてはあると、このように考えています。

水岡俊一君 総理がそういう使命をお感じになっていることはよく承知をしております。しかし、その使命を果たすためにオリンピックを中止するという選択肢をお持ちでないのかと私は聞いたわけであります。

 ・・・

水岡俊一君 もう一度お聞きしましょう。IOCの委員が、菅総理がオリンピック中止を求めてもそんなことは聞き入れられないよと、こういうふうにおっしゃったというふうに聞いていますが、菅総理はどうお感じになっていますか。

内閣総理大臣(菅義偉君) 私自身は、先ほど来、繰り返しになりますけど、選手や大会関係者の感染対策をしっかり講じて、世界から選手が安心し参加できるようにするとともに、国民の命と健康を守っていく、これが開催の前提であるというふうに考えます。そうしたことが実現できるように対策を講じてまいりますけれども、こうしたことをIOCにもしっかり申し上げたい、こういうふうに思います。

  ◇  ◇  ◇  ◇

何故、菅総理は、「国民の命と健康が脅かされる状況下ではオリンピックを中止する」と明言しないのか。菅総理にとって国民の命よりもオリンピックが大事なのか。日本はIOCの属国なのか。こんな総理に対して激しい怒りを覚える。

間違い2.1920年、アントワープオリンピックはスペイン風邪というパンデミックの中で開かれた。

スペイン風邪は、1918年から1919年にかけて、第1波から第3波まで3回の感染拡大が起きた。当時、世界人口は20億人弱、その内、5億人が感染し、5,000万~1億人が死亡したと言われている。

第3波は、欧米では1919年の夏までに収束したが、その後はチリやペルーなど南半球の国々や日本に遅れて到達し、各地で被害を出した。日本は1920年1月から2月にかけて第3波に襲われた。

アントワープオリンピック(ベルギー)が開催されたのは1920年4月20日から9月12日の間である。その頃、ヨーロッパは既にパンデミックが収束しており、その他の地域でも1920年3月にはほぼ鎮火していた。

それに対して、今回の東京オリンピックは、開催国、日本は感染の真っ只中にあり、世界もパンデミックが収束していない。

  【グラフの出典】「新型コロナウイルス スペインかぜからの教訓」(視点・論点)2020年05月26日

間違い3.イギリスやアメリカなどワクチン接種率の高い国では、人流を抑える議論はしていない。

竹中氏は、ワクチンの接種率が高いイギリスやアメリカなどの諸外国ではコロナ感染が収束しており、人流を抑えるという議論はしていない、と言うが、本当か。

イギリスでは、ワクチン接種は6月11日時点で、1回接種が全人口の62.0%、必要回数接種完了が44.2%であり、確かに新規感染者数は大きく減少した。

しかし、インド変異株(デルタ株)の感染が増える中、ボリス・ジョンソン英首相は6月12日、イングランドで6月21日に予定されるロックダウンの解除について慎重に判断すると発言した。イギリス政府はロックダウン解除の時期を最大4週間遅らせることを検討しているという。

  【グラフの出典】新型コロナ データサイト

ワクチン接種率の高い国・地域でも、イギリスのように感染力の強い変異株が浸透してきたとき、感染が再び拡大する可能性は否定できない。

以上のように、竹中氏が主張したことはことごとく事実に反する。確信を持って断定する論者の意見に対しては、客観的な事実に照らし合わせて検証する必要がある。

コメント

  1. […] 竹中平蔵氏はあくどい政商。東京五輪開催の3つの理由もことごとく間違い […]

  2. […] 竹中平蔵氏はあくどい政商。東京五輪開催の3つの理由もことごとく間違い […]

  3. […] 竹中平蔵氏はあくどい政商。東京五輪開催の3つの理由もことごとく間違い […]