「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。」 小泉今日子氏も賛同のツイート

宝島社_本社 政治・経済・社会

「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。」

出版社の宝島社は、5月11日の全国紙、朝日、読売、日経の朝刊に、「このままじゃ、政治に殺される。」との企業広告を見開き2ページで掲載した。

戦争中に竹やり訓練をさせられた子どもたちの写真を背景に、中央には赤く丸い新型コロナウイルスをデザイン。

キャッチコピーは「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。」

さらに、「私たちは騙されている。この一年は、いったい何だったのか。」「ごちゃごちゃ言い訳するな。無理を強いるだけで、なにひとつ変わらないではないか。今こそ、怒りの声をあげるべきだ。」などと続け、国などのコロナ対策を批判した。

同社はプレスリリースで広告の意図について、「新型コロナウイルスの蔓延から、すでに1年以上。しかし、いまだに出口は見えない。マスク、手洗い、3密を避けるなど、市民の努力にも限界がある。」

「今の日本の状況は、太平洋戦争末期、幼い女子まで竹やり訓練を強いられた、非科学的な戦術に重なり合うと感じる人も多いのではないか。」などと指摘。

コロナウイルスに対抗するには、科学の力(ワクチンや治療薬)が必要。そんな怒りの声をあげるべき時が、来ているのではないでしょうか。」などと説明している。

宝島社の広告に対し、歌手で女優の小泉今日子氏は11日、自身が代表取締役社長を務める制作会社「株式会社明後日」の公式ツイッターで、記事を添付して「宝島社」とつぶやき、親指を上げたサムアップポーズの絵文字で賛同を表現した。

【参考・引用記事】

「このままじゃ、政治に殺される。」宝島社、国などコロナ対策批判新聞広告(日刊スポーツ 2021年5月11日18時12分)

「ワクチンもない…政治に殺される」 宝島社広告の意図(朝日新聞 2021年5月12日 16時00分)

小泉今日子、宝島社「このままじゃ、政治に殺される」広告に反応(デイリー 2021.05.11)