四国が梅雨明け 梅雨の長さは統計史上最長

2021年梅雨明け宣言 科学・技術

気象台は、7月19日、「四国が梅雨明けしたとみられる」と発表した。梅雨の期間65日は1951(昭和26)年の統計開始以来最長日数、梅雨明けの発表が四国単独で最も遅くなったのも統計開始以来「初」と記録づくめ。

17日には近畿地方と東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。

今年は梅雨入りが早かったこともあり、梅雨期間は平年より2週間ほど長く、過去最長の62日間の長い梅雨となった。

梅雨が明けると、30℃を超える真夏日や35℃を超える猛暑日が続く。コロナ禍でマスク着用が求められるが、マスクを着用していない場合と比べて、心拍数や呼吸数、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかる。熱中症には十分に注意しよう。

日本地図及び表は、気象庁が7月19日に発表した「令和3年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)」のデータに基づいて作成した。