さざ波男は過去に、現金約5万円入りの財布とブルガリの高級腕時計(数十万円相当)を盗んだ疑い

高橋洋一氏インタビュー20120118 政治・経済・社会

【関連記事】コロナ禍で1万人以上の死者を見て、「さざ波」と笑う高橋洋一内閣官房参与 撤回も謝罪も無し

内閣参与の高橋洋一氏が、日本のコロナウィルス感染者数を「さざ波」と言ったっことで、批判の声が上がっている。

その後、釈明の動画は上がっているが、コロナ感染者、死亡者、家族、医療関係者に対して、謝罪やお悔みの言葉、発言の訂正は一切ない。

普通の精神の持ち主とは思えない。

学術面における高橋氏の論文や発言は、一見優れていて説得力がある。特徴は数値に基づいて分析していることだ。高橋氏は、人間の感情や気持ちを持ち込む必要がない、或いは持ち込むべきでない数学や物理学などの分野においては優秀なのだろう。

しかし、人命が絡む問題を統計的に処理し、その内容を対外的に発表する場合は、十分に配慮しないといけない。事象のどの部分を、どのような文脈の中で切り取ったのか。発信内容が当事者や関係者にどのような影響を与えるかなど、想像力や相手を思いやる心が必要だ。

コロナ感染が世界の各国と比べて少ないといえども、感染して重症化しても入院することも出来ず、中には自宅でお亡くなりになる、そんな状況を知りつつ、「さざ波」「笑笑」はないだろう。

高橋氏は、今回の自分の言動が他人にどんなに傷つけているかを全く自覚できないようだ。一面において優秀なのだろうが、人間全体としては欠陥人間だと思う。

そんな高橋氏は、過去に窃盗事件を起こしていた。やっぱり、という感想だ。

一部に、財務省がハメたとする陰謀論がある。しかし、あれだけ弁の立つ高橋氏のことだから、無実なら論理的に巧みに弁解するバズだ。窃盗事件に関してのらりくらりと話し、真実をかくそうとしている印象を受ける。

窃盗事件に関して報じられた新聞記事一覧と、その後、インタビューでこの事件を聞かれた時の会話を掲載した。

高橋洋一氏が2009年3月24日に起こした窃盗事件を報じた新聞各紙

3月31日報道「高橋教授を窃盗容疑で書類送検 郵政民営化・竹中氏のブレーン」

朝日新聞 2009年03月31日 朝刊 1社会
小泉改革ブレーン、高橋洋一教授が窃盗容疑

温泉施設の脱衣所のロッカーから高級時計などを盗んだとして、警視庁は、元財務官僚の高橋洋一・東洋大教授(53)=東京都板橋区=を窃盗の疑いで30日に書類送検した。

高橋教授は、小泉政権のブレーンとして郵政民営化などを進めた。

練馬署によると、高橋教授は24日午後8時ごろ、練馬区の温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、同区の会社員男性(67)が使っていたロッカーから現金約5万円入りの財布や、イタリア製の高級腕時計(数十万円相当)などを盗んだ疑いがある。男性は鍵をかけ忘れていたという。

高橋教授は「いい時計で、どんな人が持っているのか興味があった。申し訳ない」と謝罪しているという。

高橋教授は昨年4月から東洋大学経済学部に在籍。「さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白」などの著書がある。

毎日新聞 2009年03月31日 東京朝刊 29頁 社会面
窃盗:竹中氏元補佐官・高橋容疑者を書類送検 財布など盗んだ容疑

脱衣所ロッカーから他人の財布や時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)=東京都板橋区=を窃盗容疑で書類送検した。

高橋容疑者は1980年に旧大蔵省入り。小泉政権時代に竹中平蔵総務相補佐官として、郵政民営化などに取り組んだ。昨年3月には財務省批判の著書を出版し、ベストセラーになった。

送検容疑は、24日午後8時ごろ、練馬区の遊園地「としまえん」内にある温泉施設の「庭の湯」脱衣所で、60代の男性会社員が使用していたロッカーから現金約5万円入りの財布や、有名ブランド・ブルガリの高級腕時計(数十万円相当)を盗んだ疑い。

「いい時計だったのでどんな人が持っているのか興味があり盗んだ。大変申し訳ないことをした」などと容疑を認めているという。逃走の恐れがないことなどから逮捕しなかったという。

高橋容疑者は妻と2人で温泉施設に来ていたという。東洋大広報課は「事実関係を確認中だが、教育者として許し難いことで、心よりおわびしたい。厳正な処分を行いたい」とコメントしている。

読売新聞 2009年03月31日 東京朝刊
高橋教授を窃盗容疑で書類送検 郵政民営化、竹中氏のブレーン/東京・練馬署

警視庁練馬署は30日、温泉施設のロッカーから財布や腕時計を盗んだとして、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)=写真=を窃盗容疑で書類送検した。

同署幹部によると、高橋容疑者は24日午後8時ごろ、東京都練馬区の温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、区内に住む男性会社員(67)が使っていたロッカーから、現金約5万円が入った財布や、数十万円相当のブルガリの高級腕時計を盗んだ疑い。ロッカーは無施錠だったという。

男性の通報で駆けつけた同署員が調べたところ、防犯カメラに高橋容疑者に似た男が写っていたため、浴場から出てきた高橋容疑者に事情を聞くと、盗んだことを認めたという。調べに対し、高橋容疑者は「いい時計だったので、どんな人が持っているのか興味があり、盗んでしまった」と供述しているという。

逮捕しなかった理由について同署は「証拠隠滅の恐れがないと判断したため」としている。

高橋容疑者は小泉政権で竹中平蔵・元総務相のブレーンとして郵政民営化などを推進。安倍政権では内閣官房参事官として公務員制度改革の青写真を描いたが、2008年3月に退官。「さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白」などの著書がある。東洋大は「教育に携わる者として許し難いことであり、厳正に処分を行いたい」としている。

産経新聞 2009年03月31日 東京朝刊・第1社会.
高橋洋一教授を書類送検 竹中平蔵氏元ブレーン窃盗疑い

日帰り温泉施設の脱衣所で財布や腕時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、窃盗の疑いで元財務官僚で東洋大の高橋洋一教授(53)=東京都板橋区=を書類送検した。高橋教授は小泉政権時代、竹中平蔵元総務相のブレーンとして郵政民営化を推進した。「さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白」など、財務官僚を批判する著書で知られる。

同署によると、高橋教授は「いい時計で、どんな人が持っているか興味があり盗んでしまった」と容疑を認めている。

同署の調べによると、高橋教授は24日午後8時ごろ、東京都練馬区の「豊島園 庭の湯」の脱衣場で、ロッカーから区内に住む男性会社員(67)の現金5万円入りの財布や、数十万円の腕時計などを盗んだ疑いがもたれている。ロッカーの鍵は、かかっていなかった。

男性の届け出を受け、同署で調べたところ、防犯カメラに高橋教授と似た男が映っており、浴場から出てきた高橋教授に署員が事情を聴いたところ、犯行を認めた。

高橋教授は東大経済学部を卒業し、旧大蔵省に入省した。昨年3月に退官、東洋大教授に就任した。

産経新聞 2009年03月31日 大阪朝刊・第1社会.
小泉政権ブレーンを置引疑いで書類送検

温泉施設の脱衣所で財布や腕時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、窃盗の疑いで元財務官僚で東洋大の高橋洋一教授(53)=東京都板橋区=を書類送検した。高橋教授は小泉政権時代、竹中平蔵元総務相のブレーンとして郵政民営化を推進。「さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白」など、財務官僚を批判する著書で知られる。

中日新聞 2009年03月31日 朝刊 朝刊社会
小泉政権のブレーン 元官僚の高橋教授窃盗容疑 温泉施設で犯行、書類送検

温泉施設のロッカーから財布などを盗んだとして、警視庁練馬署は三十日、窃盗の疑いで、元財務官僚の高橋洋一・東洋大教授(53)を書類送検した。

容疑は、二十四日午後八時ごろ、東京都練馬区の温泉施設「豊島園庭の湯」脱衣所で、男性会社員(67)のロッカーから、数十万円相当の時計と現金数万円入りの財布を盗んだ、としている。

同署によると、防犯カメラの映像などから同日中に高橋教授が浮上。浴場から出てきた高橋教授が同署員に盗んだことを認めた。「いい時計だったので、どんな人が持っているのか興味があり、盗んでしまった」と供述している。

高橋教授は、小泉政権時代に経済財政諮問会議に参加し、郵政民営化や公務員制度改革に尽力。「さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白」「霞が関埋蔵金男が明かす『お国の経済』」などの著書がある。

4月23日報道「東洋大学は、高橋教授を懲戒免職」


毎日新聞 2009年04月23日 東京朝刊 26頁 社会面
東洋大:高橋教授を懲戒免職

東洋大は20日付で、窃盗の疑いで書類送検された元財務官僚の高橋洋一経済学部教授(53)を懲戒免職処分にした。同大広報課によると事件以来、高橋元教授とは連絡が取れないという。

高橋元教授は3月24日、東京都練馬区の温泉施設で脱衣所のロッカーから現金5万円入りの財布や高級時計を盗んだとして、警視庁練馬署が書類送検していた。

読売新聞 2009年04月23日 大阪朝刊
高橋洋一教授を懲戒免/東洋大

温泉施設のロッカーから利用客の財布や高級腕時計を盗んだとして、先月30日に窃盗容疑で書類送検された元財務官僚の高橋洋一・東洋大学教授(53)について東洋大は、懲戒免職処分にした。

「大学の品位を傷つけた」などが処分の理由。高橋氏は小泉政権下で竹中平蔵・総務相のブレーンとして郵政民営化などを推進、昨年4月から同大経済学部で教べんを執っていた。

4月28日報道「窃盗容疑の高橋洋一・元教授を起訴猶予処分 東京地検」

朝日新聞 2009年04月28日 朝刊 3社会
窃盗容疑の元教授を起訴猶予処分 東京地検

東京地検は27日、東京都内の温泉施設で高級時計などを盗んだとして警視庁から窃盗容疑で書類送検されていた元財務官僚の高橋洋一・元東洋大教授(53)=懲戒免職=を不起訴処分(起訴猶予)にしたと発表した。処分は24日付。

東京地検は、被害品がその場で元に戻されて実害がないことや、免職で社会的制裁を受けたことを考慮したとしている。高橋元教授は3月24日夜、男性客のロッカーから現金約5万円入りの財布や数十万円相当の腕時計を盗んだとされる。

高橋元教授は小泉政権のブレーンとして郵政民営化などを進めた。

毎日新聞 2009年04月28日 東京朝刊 22頁 総合面
高橋洋一元教授:起訴猶予処分に

東京地検は、窃盗容疑で書類送検された財務官僚出身の高橋洋一・元東洋大経済学部教授(53)を起訴猶予処分とした。処分は24日付。

盗品を被害者に返していることや、20日付で同大学教授を懲戒免職となったことなどを考慮した。

高橋元教授は3月24日、東京都練馬区の温泉施設で、脱衣所のロッカーから現金5万円入りの財布や高級腕時計(数十万円相当)を盗んだとして、警視庁練馬署に書類送検されていた。

読売新聞 2009年04月28日 東京朝刊
窃盗容疑の高橋元教授を起訴猶予/東京地検

温泉施設のロッカーから利用客の財布や高級腕時計を盗んだとして、窃盗容疑で書類送検された元財務官僚の高橋洋一・元東洋大学教授(53)(免職)について、東京地検は27日、不起訴(起訴猶予)にしたことを明らかにした。24日付。

産経新聞 2009年04月28日 東京朝刊・第1社会
高橋元教授を起訴猶予処分

温泉施設の脱衣所で財布や腕時計を盗んだとして、窃盗容疑で書類送検された元財務官僚の高橋洋一元東洋大教授(53)=懲戒免職=について、東京地検が起訴猶予処分としていたことが27日、分かった。処分は24日付。

地検は被害品の返却や、勤務先を免職され社会的制裁を受けたことなどを理由としている。

中日新聞 2009年04月28日 朝刊 朝刊二社
元教授を起訴猶予

東京地検は二十七日、東京都内の温泉施設で財布や時計などを盗んだとして、窃盗容疑で書類送検された元財務官僚の高橋洋一元東洋大教授(53)=すでに懲戒免職=を二十四日付で起訴猶予にしたと発表した。

地検は(1)被害品がその場で返され、実害がない(2)被害者が刑事処分を望んでいない(3)勤務先を免職されるなど社会的制裁を受けた-などの点を考慮したとしている。

事件についてお茶を濁す高橋氏 灰色よりか限りなく黒に近い

IWJの代表、岩上安身氏は2012年1月18日、高橋洋一氏にインタビューを行い、高橋氏の政策理念や財務省批判について聞くとともに、この謎に包まれた事件についても質問している。

以下は、インタビューの中から、事件についての質問と高橋氏の回答部分を抜き出したものである。

元財務省官僚の高橋洋一氏、窃盗事件・逮捕は財務省批判への権力による謀略か!? それとも…!? 2012年、岩上安身が高橋氏本人に直撃!! 謎に包まれた事件の真相をたぐり出す!!(記事公開日:2019.12.13)より抜粋

岩上「これ聞いちゃいけない話なのかもしれないけど、事件もあったじゃないですか? あれは、どういうことなんですか?」

高橋「あんなのね、説明できるぐらいだったりやりますよ。あんなのね、よくわかんないんだ、正直言うと。

岩上「わかんない?」

高橋「あの、私自身もよく説明できないよ。だから、あの陰謀かなんかだったらきちんと説明するけれど、そんなのわかるくらいにアホじゃないと言われたの。

でも事実としてね、被害者、誰か知らない。私は、何を取ったと言われても、私もそれを知らない、わかんない、中に入ったらもうわかんない。

だからわからない。わからないけど、もうそれはあの、うかつといえばうかつだから、まあしょうがねぇやと思って諦めた。

でも、うちは別に何も、あのだからそのくらいで抑えてるから、ブタ箱にぶち込まれることもないし。これはこれで大人の対応でしょ。

すごく抵抗したら、何されるかわかんないもんね」

岩上「まあ、起訴まで行ってないですもんね」

・・ その後何度も「わからないと」繰り返す。 ・・

高橋「私、わかんなかった」

高橋「わかんないな」

高橋「それが、だからね、私、でねー、よくわからなかった。それであの」

高橋「かなり、内事情に通じている人を、まぁ、弁護士とかたくさんいて、そういうの調べたんだけど、あのう、最終的にはよくわからない」

高橋「うん。だって…、そのう…、本当に、本当に、ようわかんないで、終わっちゃったって、終わったから、まあ、まあそれはそういうのもあるのかなと、いうふうには、まあ、思ってますよ」

岩上「やっぱりかわからない?」

岩上「ご自身としては…」

高橋「全然、意図ないよ。意図ないよ」

高橋「という感じが、で、だから、その警告が、向こうの意図が全く無効色全く分からない。

高橋「それ、偶然の確率でちょっとあるでしょ」

岩上「全くね、その謀略もゼロ…」

高橋「それはあるでしょ。もちろんあると思うよ。それでもわからないよね、なんだかね。ただ、異常に手回し良くて、びっくりしたのは事実だけどさあ。えっと思った。

だから、あの、弁護士の人もね、なんか、釈然としないんで、どうですかっていうから、もういいよって言って、それでおしまい」

インタビュー内容に対する筆者の印象

普段ははっきりモノを言う高橋氏。「さざ波」発言に関しても、謝罪するどころか、自身のツイッター発言を正当化し、関係者の神経を逆なでしている。

もし無実だったら、警察にも、このインタビューにおいても、自分の無実を明言するはずだ。

だが、事件に関しては言いたくないのだろう、お茶を濁している。

【関連記事】

コロナ禍で1万人以上の死者を見て、「さざ波」と笑う高橋洋一内閣官房参与 撤回も謝罪も無し

コメント

  1. […] 【関連記事】さざ波男は過去に、現金約5万円入りの財布とブルガリの高級腕時計(数十万円相当)を盗んだ疑い […]