台風・豪雨時に備えて、日頃からハザードマップと一緒に避難行動を確認しておこう

避難情報_避難 政治・経済・社会

令和3年5月20日より、災害対策基本法の一部を改正する法律が施行され、避難情報の名称が一部変更された。

避難情報の一部が変更 レベル4の避難指示で必ず避難、高齢者はレベル3で避難

今後の避難情報発令について、レベル4は「避難勧告」が廃止され、「避難指示」に一本化される。また、レベル3「避難準備・高齢者等避難開始」は「高齢者等避難」に改められ、より分かりやすい表現となる。

避難情報が発令されたら避難行動に結び付け、自らの身を守ろう。また、危険を感じる場合は自らの判断で早めに避難することも重要だ。

避難情報の伝達(東京都日野市の場合)は、市防災行政無線、市ホームページ、J:COMテロップ放送、防災情報メール、日野市LINE公式アカウント、市広報車等を用いて行われる。

居住地や勤務先の都道府県・市区町村の防災情報(避難情報、ハザードマップなど)について、平素から確認しておこう。

普段から、ハザードマップや災害時の避難情報を確認しておこう