国際

新型コロナを封じ込めたニュージーランド 真逆の日本

ニュージーランドは新型コロナを封じ込めた国として、世界中から高い評価を得ている。成功の背景には、若い母親であるジャシンダ・アーダーン首相の迅速かつ徹底した対策の断行、それに連日の首相自らの説明と国民の理解がある。 現在の国民の様子は...
政治・経済

「人命は二の次」の緊急事態宣言

政府は1月7日夕刻、東京、神奈川、埼玉、千葉を対象に緊急事態宣言を発令した。専門家からは、「遅きに失した」とか「効果に疑問」の声が上がっている。宣言発令の様子をテレビで見たが、総理は「他人が書いた」原稿をただ読み上げているという印象で、コロナ感染を何としても防止するという強い覚悟が見られなかった。総理の本音は「感染症を収束させる」というよりは、「早く経済を回したい」にある。
政治・経済

新型コロナウイルス感染症に関する菅内閣総理大臣記者会見(全文)

菅義偉総理は1月7日夕、官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染が急拡大したことを受け、東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県に緊急事態宣言を再発令すると発表した。 菅総理の冒頭発言(全文) 首都圏1都3県に緊急事態宣言を再発令 ...
政治・経済

「国民のがんばり」で立ち向かう、戦時中と変わらぬ日本の姿 (注目記事より)

新型コロナ感染に関して気になったニュースをチェックした。日本医師会の中川会長「現実はすでに医療崩壊」と危機感。日本病院会・相澤会長 緊急事態宣言は「政府にも政治家たちにも相当な覚悟が必要、でも全く見えてこない!」。医療危機に「国民のがんばり」で立ち向かう、戦時中と変わらぬ日本の姿。コロナ禍で「経済制限→自殺者増」との懸念を古賀茂明氏が批判。前川喜平氏 小池都知事のコロナ対応巡る発言に「都民の心がけが悪いからだ」としか聞こえない。
政治・経済

菅内閣総理大臣の年頭記者会見(全文)と質疑応答(要旨)

菅義偉首相は1月4日、首相官邸で年頭の記者会見に臨み、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言の再発令について「検討に入る」と明言した。また、今年の東京オリンピック・パラリンピックについて、予定通りの開催を目指す考えを示した。菅総理の年頭記者会見(全文)と質疑応答(要旨)を以下に掲載する。
国際

【データとグラフで解析】 新型コロナ、世界の感染状況

昨年、全世界で猛威を振るった新型コロナウイルは、今年に入って収束するどころか勢いを増し、感染者数は全世界で8464万人、死亡者数は183万人、国/地域別では、最多の米国で2000万人、死亡者数は35万人を越えた(ジョンズ・ホプキンズ大学のデータ)。イギリスや南アフリカでは感染力の強い変異種が確認されており、すでに各国に伝搬し、感染拡大に拍車をかけている。感染拡大の状況をグラフとデータで視覚化した。
文化・歴史

天皇陛下 新年ビデオメッセージ(令和3年1月1日)

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、新年に初めて国民に向けてビデオメッセージを出された。コロナ禍で地方訪問などは全て中止や延期となり、国民と直接交流する機会は大幅に減った。天皇陛下は「新型コロナウイルス感染症が収まり、再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」と語り掛け、早期収束を願った。
社会

【グラフで解析】 新型コロナの感染状況…新規感染者は全国4000人超、東京1000人超、今後も増加する

2019年、中国で突如誕生した新型コロナウイルスは、2020年に入り瞬時に世界中に感染拡大し、多くの人命を奪った。お笑いタレントの志村けんさんや女優でタレントの岡江久美子さん、外交評論家の岡本行夫さん、世界的なブランド「KENZO」の創業者でファッションデザイナーの高田賢三さん、現役国会議員、立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長など、多くの方が犠牲になった。ウイルスは時間とともに突然変異を起こすが、最近、イギリスで確認された変異種は感染力が70%も強く、子どもにも広く感染するという。日本における感染状況をグラフ化し、視覚的に理解できるようにした。
社会

2020年に亡くなった人物

2020年、多くの方が足跡を残し、人生を終えた。今年猛威を振るった新型コロナウイルスに命を奪われ、犠牲になった方も多い。お笑いタレントの志村けんさん、女優でタレントの岡江久美子さん、外交評論家の岡本行夫さん、世界的なブランド「KENZO」の創業者でファッションデザイナーの高田賢三さん、現役国会議員、立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長、他にもたくさんおられる。自死に追い込まれた方もおられる。
政治・経済

コロナ感染拡大の原因は、GoToキャンペーンと政府の無策… 命も経済も危ない !!

菅総理は国民の命を守り、経済を回復させるという二兎を追ったが、実際は、コロナ感染の防止は国民任せ、業者任せでまったくの無策だった。そのため感染は拡大し、今、医療は崩壊の危機に直面している。それでも総理は、GoToと感染拡大を結ぶ「エビデンス」はないとして、医療関係者からの悲痛な声を無視し続けた。GoToを一時停止に踏み切ったのは、国民の命を心配したからではなく、各社の世論調査で内閣支持率が大幅に下落したからである。その辺の事情と問題点を整理した。
科学・技術

4次の産業革命と、それがもたらした社会変革

人類はこれまで4次にわたる産業革命と、その都度大きな社会変革を経験してきた。今後どのような社会に向かうのか。先ずは、第1次から第4次までの産業革命とそれがもたらした社会変革について、概要をまとめた。
社会

GoToトラベル利用者はコロナ発症が2倍 東大チームらが調査

GoToトラベルの利用者が利用しなかった人に対して感染率は2倍であることを、東大研究チームらが公表した。
政治・経済

新型コロナウイルス感染、『自助』では日本の冬を乗り切ることが出来ない。命と経済を守る提言 !!

新型コロナウイルス感染は、冬の季節を前にして、現在、4月の第1波、8月の第2波を超える勢いで第3波が全国を襲っている。全国で1日の新規感染者が2500人を超える日が続き、各都道府県では記録を更新している。感染状況を一目でわかるように、データをグラフで視覚化した。
国際

【データで解析】 新型コロナウイルス ヨーロッパは2度目のロックダウン、日本は対策に失敗

新型コロナウイルス 新規感染者数と死者数が北半球で急増している。累計感染者数の多い世界トップ5 ... アメリカ合衆国、インド、ブラジル、フランス、ロシア。深刻さを増すヨーロッパ諸国、2回目のロックダウンを実施。こらから夏の季節を迎える南米諸国の感染状況。アジアでも再び感染拡大、特にインドネシアと日本が危ない。日本政府はコロナ対策に失敗。
国際

米国大統領選挙 バイデン氏が勝利演説「分断でなく結束を目指す大統領になること誓う」

米大統領選で当選が確実となった民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)は米東部時間7日夜(日本時間8日午前)、地元のデラウェア州ウィルミントンで国民向けに勝利演説を行った。「分断させようとするのではなく、結束させる大統領になることを誓う。」「私たちの仕事は新型コロナを制御することから始まる。」「米国とお互いを信じ、国への愛と正義への渇望を持って、私たちが目指す国を作り上げよう。」