維新の偽善を暴く !! 「大阪を変えれば、日本社会全体が変わる」

れいわ・大石あきこ議員_維新の偽善を暴く 政治・経済・社会

れいわ・山本太郎代表も脱帽 大石晃子政審会長が維新斬りの〝家元〟襲名(東スポ 2021年12月21日 19時23分)より抜粋

21日閉会した臨時国会は、先の衆院選で当選したれいわの大石晃子政審会長が維新斬りで一躍名を上げた。

維新こそ、使い道不明瞭・領収証なしでずっと運用してきた

今国会では文書通信交通滞在費のあり方を巡って、議論が進んだが、法改正までには至らなかった。維新の新人議員が問題提起したのがきっかけだったが、大石氏は「使い道不明瞭、領収証なしで、ずっと運用していた維新が騒ぎだして、臨時国会の貴重な時間を使ったのは万死に値する」とバッサリと斬った。

吉村府知事は1日在職で満額支給、ブーメランは維新を直撃

大石氏は吉村洋文府知事が議員時代に1日在職で文通費が満額支給されていたことを指摘していただけに「私のブーメラン返しで、ぶっ刺さる事態に維新が陥った。本質そらしの身を切る改革だ」と維新のこき下ろしは止まらない。

維新の馬場伸幸共同代表、自身は政党助成金で飲食している

さらに維新の馬場伸幸共同代表の本会議質問にも「極悪であった。岸田政権に身を切る改革、国会改革できるのかと迫っていたが、馬場さん自身も『政党助成金で飲食している』と身内から言われているのに関係なしで、大演説していて、これは凄いと」と皮肉った。

大阪を変えれば、日本社会全体が変わる

大石氏は「自分は大阪を変えれば、日本社会全体は変わると思っている」と徹底的に維新を追及していく構えで、さらにヒートアップしていきそうだ。