政治アナリストの伊藤惇夫氏「高市さんの発言は、天皇陛下の“政治利用”どころか“選挙利用”に等しい。看過されるべきではない」

高市早苗政調会長_天皇陛下の選挙利用 政治・経済・社会

高市早苗、応援演説で前代未聞の「天皇利用」発言 “落選すると陛下にご迷惑が”(週刊新潮 2021年11月11日号掲載)

「天皇陛下にもご迷惑がかかります」

先の総裁選で脚光を浴び、今回の衆院選では応援依頼が殺到。高市早苗政調会長は自民党の“選挙の顔”となったが、選挙演説で看過しがたい失言をしていた――。

 ***

それは10月29日、京都4区に立候補した田中英之氏の応援に高市氏が駆け付けた際の出来事だった。田中氏が文部科学副大臣であることを念頭に、次のように語った。

〈いわゆる政務官とはまた違って、大臣と副大臣は天皇陛下の認証を受けます。そういうことになりますと、万が一にも、この京都4区・田中英之が当選しないということになると、大変お忙しい天皇陛下にもう一度別の方を認証して頂かなくてはならない悲惨な事態が発生します

さらに、演説の最後には、こんなダメ押しも。

〈天皇陛下にもご迷惑がかかります。なんとか、勝たしてやって下さい〉

“政治利用”どころか“選挙利用”

この発言を問題視するのは、政治アナリストの伊藤惇夫氏だ。

高市さんの発言は、天皇陛下の“政治利用”どころか“選挙利用”に等しい。自民党の要職にある人物の発言として非常に問題であり、看過されるべきではないと思います。これまで失言やスキャンダルで辞任した自民党の大臣は少なくありません。もし高市さんの理屈が成り立つのであれば、そうした議員たちの誰もが、天皇陛下に“ご迷惑”をおかけしたことになります」

高市氏の事務所は「政治利用の意図など全くございません」と答えた。ちなみに高市氏の応援を受けた田中氏は、小選挙区で敗れ、比例復活でなんとか当選だった。

11月4日発売の「週刊新潮」では、まさかの敗戦が相次いだ自民党の選挙戦と、あらたな火種について報じる。