2021年紅葉見ごろ予想

紅葉_千葉県南房総市千倉町_小松寺 科学・技術

今年も紅葉の季節がやって来ました。

見ごろは、全国的に平年並みのところが多いですが、関東甲信でやや遅く、西日本では平年並~早いとの予想です。

tenki.jpとweathernewsが発表した「2021年紅葉見ごろ」を転載しました。

tenki.jp 2021年紅葉見ごろ予想<第2回>

全国的に平年並の所が多い

紅葉の見ごろは、秋(9~11月)の気温が低いと早まり、高いと遅れます。気温は10月後半は全国的に高めの傾向ですが、寒気が流れ込み平年より低くなる期間があるでしょう。11月以降は東日本と西日本でやや低い予想です。このため、今年の観光名所の紅葉見ごろ時期は、平年並の所が多いでしょう。

北日本(北海道・東北)

各地の紅葉の見ごろは、北海道は平年並ですが、東北では平年より遅い所があるでしょう。今後の気温は、10月中旬は平年より低い予想ですが、その後は平年並か平年より高いため、ゆっくりと色づきが進むでしょう。

東日本(関東甲信・東海)

紅葉の見ごろは、平年並の所が多いでしょう。10月後半にかけて一時的に寒気が流れ込むものの平年より気温が高く、色づきはあまり進まない見込みです。11月になると冷え込みが強まり、色づきが進んでいくでしょう。

西日本(近畿・中国・四国・九州)

紅葉の見ごろは、おおむね平年並でしょう。今後は、しばらく高温傾向が続きますが、11月以降は内陸や山沿いを中心に朝晩は冷え込む日が増えるため、色づきが進む見込みです。

weathernews 日光は10月下旬、高野山や京都は11月中旬から見頃

紅葉の見頃は関東甲信でやや遅く、西日本では平年並~早い予想

葉が色付く時期は秋の気温と深く関係しており、気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなります。

今年の秋は、9月前半は寒気が流れ込んだ影響で気温が平年より低くなりました。このため、北日本や東日本の標高が高い山では色付きが早く進み、平年より5日~10日ほど早く見頃を迎えたところが多くなりました。

一方、9月後半からは暖気が流れ込んで全国的に気温が高くなりました。このため、東北や関東では色付きが少し遅れているところがあります。

東北や関東甲信では11月も気温が平年より高い傾向のため、これから見頃を迎える紅葉名所では平年より5日前後遅い見頃となる予想です。

東海や北陸、西日本では、11月は気温が平年並かやや低い傾向になることから、多くの紅葉名所で平年並~早見頃を迎える予想となっています。

今年は葉の色付きに好条件! ここ数年で最も美しい紅葉に

葉が鮮やかに色付くためには、秋に適度な日差しと雨があり、気温がしっかりと下がることが必要です。また夏の天候は葉の育ち具合や痛み具合を左右し、色付きの良さに影響を与えます。

今年の秋は9月から10月上旬にかけて晴れた日が多く、日照時間が長くなりました。また9月は寒気の影響で冷え込みが強く、葉の色付きが進みました。さらに台風の影響が少なかったことで、色付きが鮮やかになったと考えられます。

北日本では紅葉シーズンとなっていて、既に見頃を迎えた十勝岳(北海道)や月山(山形)、白駒の池(長野)などからは、今年は葉がきれいに色付いているという声が届いていたす。特に大雪山旭岳(北海道)では、数年ぶりにとても鮮やかな色になりました。

北日本や東日本の山は紅葉シーズン

9月は北日本や北陸に度々寒気が流れ込み、平年より気温が低くなりました。

標高が高い山を中心に色付きが進み、大雪山系(北海道)や八甲田ロープウェー(青森)、室堂平(富山)では平年より1週間~10日はど早く見頃を迎え、すでに落葉が始まっています。

また、10月上旬は高気圧に喪われ、西日本を中心に晴れた日が多くなりました。放射冷却による冷え込みで葉の色付きが進み、石山(愛護)でも平年より4日ほど早い見頃となりました。

一方、東北や関東は10月上旬の気温が平年より高かった影響で、那須岳(栃木)では平年よりも5日ほど遅い見頃となっています。

※ 見頃の定義:一つの紅葉名所の中で、全体の約7割が色付いたときから落葉が始まった日まで
※ 見頃の平年:2004年から2020年の間で、紅葉が見頃を迎えた日から落葉が始まった日の平均
※ 天候の平年:1991年~2020年の過去30年平均