倉持仁院長 野々村真の政府批判に理解、政府のコロナ対応に怒り

タレント野々村真_コロナから生還 政治・経済・社会

倉持仁院長「真摯に対応せよ! できぬものはでてくるな!」

倉持仁院長、コロナ入院の野々村真の政府批判に「いっていることは正しいと思います」理解示す(中スポ・東京中日スポーツ 2021年9月7日 21時35分)

新型コロナ患者の診療を続けながら、テレビなどで医療現場の声を発信し続ける宇都宮市インターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁院長が9月7日、ツイッターを更新。

6日のフジテレビ系「バイキングMORE」で、タレントの野々村真がコロナ入院の経験を踏まえ「もっと早く菅首相には辞めていただきたかった」と政府対応を批判した発言について「野々村さんのいっていることは正しいと思います」と理解を示した。

倉持院長はこの直前にも、各自治体の教育委員会で1割超が公立小中学校での夏休み延長や臨時休校を実施している記事を添付し、

「コロナ問題。国が取り組むべき問題を、医療や教育の問題と矮小化して、現場の苦労、対立、混乱、そして死、それらを無視することは許されません。真摯に対応せよ! できぬものはでてくるな! と思います」

とツイート。政府のコロナ対策について厳しく指摘していた。

野々村真氏「政治のおかげで命を失っていることを絶対に忘れないでほしい」

野々村真「もっと早く菅首相には辞めていただきたかった」 コロナで生死さまよった人間としての思い(サンスポ 2021/09/06 16:58)

新型コロナウイルスに感染して入院し、8月25日に退院を報告したタレント、野々村真(57)が6日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11:55)にリモート出演。菅義偉首相が自民党総裁選への不出馬を表明したことについて言及した。

野々村は、菅首相が「コロナ対策に専念」するために総裁選不出馬を表明したことについて「僕はほんとうに、申し訳ないですけどもっと早く菅首相には辞めていただきたかったくらいの思い」と率直な気持ちを吐露した。

不出馬表明の前に解散総選挙や自民党党内人事の変更についての報道があったことについて「またそういうことで1か月も2か月も国会も止まるだろうしというようなことを考えると、(コロナ対策が)何も進まないじゃないかというふうに思う」と指摘した。

「僕なんかは本当に生死をさまよった人間として言わせてもらいますけど、本当に今。今この時点でたくさんの人が苦しんでるんですよ。小泉環境相にも言いたいけど、泣きたいのは、泣きたくても泣けなくて苦しんでるのは、今ICUに入っている人たち、そして亡くなった人たち、そのご家族。その人こそが、本当にこの政治のおかげで命を失っていることを絶対に忘れないでほしい。それだけです」と訴えた。