2022年1月15日

逮捕の高2「東大に入りたかったが」 前日に行方不明届 東大前刺傷
15日午前8時35分ごろ、東京都文京区弥生1丁目の大学入学共通テストの会場となっていた東京大学弥生キャンパス前の路上で、共通テストを受験しに来た高校生2人と男性が相次いで背中を刺された。警視庁は生徒2人への殺人未遂容疑で名古屋市在住の高校2年生の少年(17)を現行犯逮捕した。少年は、「医者を目指していた。東大に入りたかったが、1年前から成績が落ちて悩んでいた」「事件を起こして死のうと思った」などと話しているという。

新型コロナ 全国の新規感染者 約5か月ぶりの2.5万人超 過去2番目の感染者数
新型コロナウイルスについて、15日に全国で新たに2万5742人の感染者が確認された。全国の感染者が2万5000人を超えるのは去年8月26日(2万5037人)以来、約5か月ぶり。また、過去最多となった去年8月20日の2万5990人に次ぐ、過去2番目の感染者数となった。

東京で新たに4561人感染 1人死亡、重症者4人 新型コロナ
東京都は15日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに4561人確認されたと発表した。4000人超は2日連続。また1人の死亡が確認された。都の基準で集計した重症者数は前日から1人増の4人だった。

大阪府の感染者、前週の4.9倍 第6波は想定外の感染スピード
大阪府は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに3692人確認され、過去最多になったと発表した。これまでの最多は、「第5波」さなかの2021年9月1日の3004人だった。府内の感染者は15日までの1週間で計1万2669人となり、前週(2~8日)の計2571人から約4.9倍になった。

兵庫県の新規感染者、過去最多に 1190人前後の見通し
兵庫県で15日、新たに確認された新型コロナウイルスの感染者が1190人前後で過去最多となった。これまでの過去最多は2021年8月18日の1088人。

広島で新たに1212人感染 初の1000人超、3日連続過去最多
広島県で15日、新たに1212人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。1000人を超えるのは初めてで、3日連続で過去最多を更新した。

福岡県の新規感染、1098人 21年9月1日以来の1000人超
福岡県は15日、新型コロナウイルスの新規感染者が1098人確認されたと発表した。1000人を超えたのは昨年9月1日以来。15日連続で前週の同一曜日を上回った。

沖縄の新規感染者、過去最多 新たに1829人 新型コロナ
沖縄県は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1829人確認されたと発表した。1日当たりの感染者数としては13日発表の1817人を超え、過去最多になった。

トンガで海底火山大規模噴火、津波 気象庁「日本への影響ない」
南太平洋の島国トンガ沖で海底火山が15日、大規模な噴火を起こした。オーストラリア当局によると、この噴火の影響で1.2メートルの津波が発生。ロイター通信によると、噴火が起きたのは、首都ヌクアロファから北に65キロの付近で、ヌクアロファで約80センチの津波が観測されたという。ニュージーランドからの報道によると、沿岸部の道路や建物が浸水している。ニュージーランドの一部地域でも津波警報が発令されているが、被害状況は明らかになっていない。

この津波について日本の気象庁は15日午後7時、「今のところ日本への影響はない」との見方を示した。 ↓↓ ↓↓ 【速報】 ↓↓ ↓↓

奄美・トカラ・岩手に津波警報 最大3m予想 太平洋側広範囲で観測
気象庁は16日午前0時15分、奄美群島、トカラ列島に津波警報を発表し、ただちに避難するよう呼びかけた。午前2時54分には岩手県にも津波警報が発表された。

気象庁によると、16日午前2時50分現在、鹿児島県奄美市小湊で最大1.2メートル、岩手県の久慈港で最大1.1メートル、東京都小笠原村父島▽和歌山県御坊市▽高知県土佐清水市など5地点で最大0.9メートルの津波を観測。北海道から鹿児島県にかけての太平洋側の各地でも0.5メートル前後の津波を観測している。津波は繰り返し到達しているとみられ、今後さらに高い津波が到達するおそれもあり、注意が必要だ。

気象庁は、奄美群島とトカラ列島、岩手県で予想される津波の最大波は約3メートルとしている。気象庁によると、15日昼に南太平洋のトンガ沖で発生した海底火山の噴火が影響しているとみられる。気象庁は津波警報に加えて、北海道から沖縄県にかけての太平洋側の広い範囲に津波注意報を発表した。