大阪府 コロナ感染による死亡者はインドよりも多い。この人達の最優先事項は「権力の維持」であって、市民・国民を守ることではない

大阪維新_吉村知事と松井市長 政治・経済・社会

コロナ感染による死亡者 「大阪はインドよりも多い」

コロナで「大阪の死亡者はインドよりも多い」医師が「サンモニ」で伝える(デイリースポーツ 2021.05.09)より抜粋

宇都宮市の「インターパーク倉持呼吸器内科」院長・倉持仁氏が9日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、新型コロナウイルスの感染拡大について「大阪の死亡者はインドよりも多い」とコメントした。

倉持氏は「大阪では毎日1000人以上の感染者が出て、40~50人の方が亡くなり、入院・治療を受けられる方はわずか10%なんですね。残りの人たちは検査も治療もろくに受けられないような状況で放置されているような状況が続いていて、その状況が全国に広がろうとしている」と報告。

さらに、具体的な数字は示さなかったが「諸外国と比べて、大阪だけの死亡者は場合によってはインド、アメリカ、イギリス、ヨーロッパよりも多いような状況なんです。非常に深刻で悲惨な状況です」とした。

大阪は8日だけで見れば死亡は41人。インドは4187人で約102倍の数字。これに対して人口は大阪が882.3万人でインドが13.66億人と約155倍となっている。

最優先事項は「権力の維持」、市民・国民生活の維持ではない

インドでは新たな感染者が40万人を超え、死者も連日3000人以上と伝えられる。

米山氏は人口100万人あたりの死者数について報道を引用し、「インドよりも大阪の方が人口比での死亡率は高く完全な医療崩壊となっているとの事です。事ここに至るまで対策が遅れまくった維新・吉村知事の責任は小さくありません」と投稿。

この人達の最優先事項は『権力の維持』であって市民・国民生活の維持ではない事にもう気付くべきです」と記した。

メッキが剥がれた吉村知事 人気取りパフォーマンスが感染を拡大させた

メッキが剥がれた大阪・吉村知事 実像は「典型的ポピュリスト」(週刊ポスト 2021年4月30日号)より抜粋

昨年8月4日の「イソジン緊急会見」だ。

「ウソのような本当の話をします」

緊急記者会見でそう見得を切った吉村知事は、「ポビドンヨード(イソジン)でうがいをするとコロナの陽性率が減少する」と訴えた。思わぬ特効薬の登場に府民は色めき立ったが、この研究は論文発表前のもので、その後、立ち消えになり現在に至るまで説明はされていない。

元読売新聞大阪本社記者でジャーナリストの大谷昭宏氏が指摘する。

「2度目の緊急事態宣言の解除要請も同じですが、吉村知事には自分の能力を過信する傾向があり、『いち早く成功の果実を得て、みんなに褒めてもらおう』との思いから、多くの政策が見切り発車になる。

昨年4月に『コロナワクチンを9月までに実用化する』と言っていたことが典型例です。良かれと思って即断しても結果が伴わないため、最初は持ち上げていた大阪人が興ざめして一斉に手を放してしまった。」

元東京都知事の舛添要一氏は、現在では吉村知事を「典型的なポピュリスト」と評する。

「この1年間、テレビで何度も共演しましたが、本来なら記者クラブで言うべきコロナの感染者数をワイドショーやニュース番組で発表するなど、人気取りのパフォーマンスが目立ちます。緊急事態宣言やまん防でも、彼が成果を焦った政策が裏目に出て、感染が急拡大した。ポピュリズム政治の成れの果てが現在の大阪なのです。」

大阪維新 「コロナ抑え込み」戦略を初めから放棄 

「抑え込み」の戦略なく感染拡大 知事の責任は重大 PCR検査の抜本拡大と十分な補償を 新型コロナウイルス関連対策本部本部長 辰巳孝太郎(2021年04月09日)より抜粋

松井一郎大阪市長が、「(1日の新規陽性者数)ゼロはありませんから。2ケタを維持しながら医療従事者の負担を軽減し、なんとかワクチン接種が広がるまで維持したい」と述べたように、抑え込みの戦略を初めから放棄しているのです。

自粛と緩和の繰り返しは社会と経済、医療に大きな負担です。大規模検査で感染を抑え込んでこそ安心して経済を回すことができます。大規模検査に踏み出すことが必要です。

大阪府は飲食店等に対する時短営業要請に加えて、マスク会食の徹底やアクリル板の設置を求めています。しかし飲食店が感染源というのなら、なぜ繁華街の従業員や利用客への徹底的なPCR検査を実施しないのでしょうか。昨年7月の第2波時には、ミナミ検査場を臨時設置しましたが、そういう動きすらありません。

大阪市内で3月下旬から始めた飲食店やその利用客に対するPCR検査も始まりましたが、検査場が二つしかなく、対象人数も1日72人と話になりません。今必要なのは、「攻めの検査」であり、感染源を特定し業態や地域に対して行う「面」の検査です。

【関連記事】

日本維新の会・大阪維新の会「不祥事一覧」 ちょっと調べただけで、出るわ出るわ …

橋下徹を一刀両断、吉村洋文、小池百合子、竹中平蔵を叩きのめしたい・・日本城タクシー社長

新型コロナ対策に失敗の、政府・小池都知事・吉村府知事に国民の不満と怒りが続出

吉村知事 やることすべてが場当たり的、大阪府は「第4波に入った」

コメント

  1. […] 大阪府 コロナ感染による死亡者はインドよりも多い。この人達の最優先事項は「権力の維持」であって、市民・国民を守ることではない […]

  2. […] 大阪府 コロナ感染による死亡者はインドよりも多い。この人達の最優先事項は「権力の維持」であって、市民・国民を守ることではない […]