2020年に亡くなった人物

ブーケ_02 歴史・宗教

2020年、多くの方が足跡を残し、人生を終えた。今年猛威を振るった新型コロナウイルスに命を奪われ、犠牲になった方も多い。お笑いタレントの志村けんさん、女優でタレントの岡江久美子さん、外交評論家の岡本行夫さん、世界的なブランド「KENZO」の創業者でファッションデザイナーの高田賢三さん、現役国会議員、立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長、他にもたくさんおられる。自死に追い込まれた方もおられる。

【1月】

1月2日(遺体発見日) 三宅雪子、日本の政治家、元衆議院議員。祖父は衆議院議員で大臣、官房長官を歴任した石田博英、父は元外交官で中央大学総合政策学部教授。54歳没。

1月17日 高木守道、日本の元プロ野球選手・監督(中日ドラゴンズ所属)、野球解説者。初代・西沢道夫や3代目・立浪和義とともに2代目「ミスタードラゴンズ」と呼ばれた。78歳没。

1月18日 宍戸錠、日本の俳優、タレント、司会者。86歳没。

1月19日 重光武雄(辛格浩、シン・キョクホ)、日本の実業家、ロッテグループ創業者、千葉ロッテマリーンズオーナー。98歳没。

1月21日 テリー・ジョーンズ、イギリスのコメディアン、映画監督、作家、歴史学者。イギリスで国民的人気のコメディ・グループ「モンティ・パイソン」の1人。77歳。

1月26日 コービー・ブライアント、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手(ロサンゼルス・レイカーズ元選手)。ヘリコプターの墜落事故で愛娘のジアナとともに死亡した。41歳没。

1月29日(遺体発見日) 梓みちよ、日本の歌手、女優。「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」他。76歳没。

【2月】

2月11日 野村克也、日本の元プロ野球選手(南海ホークス、ロッテ・オリオンズ、西武ライオンズ所属)、野球監督、野球解説者。84歳没。

2月20日 中江滋樹、日本の元証券ジャーナリスト、元投資ジャーナル会長。66歳没。

2月25日 ホスニー・ムバーラク、エジプト・アラブ共和国の軍人、政治家、共和政エジプト第4代大統領(第2代エジプト・アラブ共和国大統領)。91歳没。

【3月】

3月4日 ハビエル・ペレス・デ・クエヤル、ペルーの政治家、外交官、第5代国際連合事務総長、元ペルー首相。100歳没。

3月8日 マックス・フォン・シドー、スウェーデン出身のフランスの俳優。「偉大な生涯の物語」「エクソシスト」「ペレ」。90歳没。

3月9日 眞帆志ぶき、日本のミュージカル女優、歌手、元宝塚歌劇団所属俳優。熱狂的なファンが多く、真帆を模した「スータン・ドール」という人形が作られた。87歳没。

3月15日 クリス・リード、アメリカ合衆国出身の日本の元フィギュアスケートアイスダンス選手。2010年バンクーバーオリンピック、2014年ソチオリンピック、2018年平昌オリンピックで日本代表。全日本フィギュアスケート選手権で優勝10回。30歳没。

3月21日 宮城まり子、日本の女優、歌手、ねむの木学園園長。人気女優であり、NHKの紅白歌合戦に8回も出場した人気歌手でありながら、芸能活動家を事実上やめ、日本初の民間社会福祉施設である社会福祉法人ねむの木福祉会の理事長、静岡県掛川市にある学校法人ねむの木学園の理事長、ねむの木養護学校の校長、特別支援学校ねむの木の校長などを歴任した。93歳没。

3月26日 宗像直美、日本出身のブラジルの指揮者。サンパウロ州立交響楽団合唱部(現オセップ合唱団)の設立当初から指揮に携わる。その後はサンパウロ市立合唱団首席指揮者を務めた。64歳没。

3月29日 志村けん、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者、ザ・ドリフターズのメンバー。「カラス、なぜ鳴くの、カラスの勝手でしょ」「バカ殿様」「変なおじさん」「アイーン」。70歳没。

「ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです。皆さんも身近に感じて、気を付けて下さるようお願い致します。」(加藤茶)

【4月】

4月3日 C・W・ニコル、イギリスと日本の作家、環境活動家。長野県黒姫高原の荒れた里山の一部を購入し「アファンの森」と名づけ、里山の再生運動を展開し、エコツーリズムを実践した。79歳没。

4月5日 オナー・ブラックマン、イギリスの女優。映画「007 ゴールドフィンガー」でボンドガールのプッシー・ガロアを演じた。94歳没。

4月9日 関根潤三、日本の元プロ野球選手(近鉄パールス・近鉄バファロー・近鉄バファローズ・読売ジャイアンツ所属)、プロ野球監督、野球解説者。93歳没。

4月10日 大林宣彦、日本の映画監督。自主製作映画の先駆者として、CMディレクターとして、映画監督として、日本の映像史を最先端で切り拓いた『映像の魔術師』。「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」は尾道三部作として多くの熱狂的な支持を集めた。82歳没。

4月13日 川崎燎、日本のジャズギタリスト、作曲家。73歳没。

4月20日 志賀廣太郎、日本の俳優。名脇役として知られ、ドラマ「アンフェア」、「三匹のおっさん」、「とと姉ちゃん」、「半沢直樹」、「陸王」、映画「ハゲタカ」など多くの作品に出演した。71歳没。

4月21日 立石義雄、日本の実業家、オムロン名誉顧問、元京都商工会議所会頭。80歳没。

4月23日 岡江久美子、日本の女優、タレント、司会者。「はなまるマーケット」「終着駅シリーズ」他。63歳没。

「すみません。こんな形でしか対応できないことを申し訳なく思います。久美子は今帰ってまいりました。こんな形の帰宅は、本当に残念で、悔しくて、悲しいです。どうか皆さんもくれぐれもお気をつけください。それが、残された家族の願いです。ご苦労さまでした。ありがとうございました。静かに送りたいと思います。失礼します。」(大和田獏)

4月24日 岡本行夫、日本の元外交官、内閣総理大臣補佐官(イラク担当・沖縄担当)、内閣官房参与、外交評論家。外務省時代、1990年の湾岸戦争の際に北米1課長として、米軍艦船の寄港を拒む港湾関係、中東への輸送を渋る航空会社と直談判。硬骨漢の外交官で「青年将校」と呼ばれた。74歳没。

【5月】

5月9日 リトル・リチャード、アメリカ合衆国の歌手。「ロックンロールの国王と女王」を自認し、エルヴィス・プレスリーやビートルズなど多数のアーティストに多大な影響を与えた先駆的な歌手。87歳没。

5月10日 ベティ・ライト、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。60年以上のキャリアを誇る米国の代表的R&B(リズム・アンド・ブルース)歌手の一人。フロリダを拠点に地位を確立したことから、「マイアミ・ソウルの女王」とも謳われた。66歳。

5月12日 アストリッド・キルヒャー、ドイツの写真家。無名時代のビートルズの白黒写真をドイツで撮り、髪型から服装までそのスタイルに大きな影響を与えた。81歳没。

5月12日 ジョージ秋山、日本の漫画家。「パットマンX」「アシュラ」「銭ゲバ」「浮浪雲」他。77歳没。

5月13日 勝武士幹士、日本の大相撲力士(高田川部屋所属)。裏方として真面目なだけでなく、明るくひょうきんな性格で部屋のムードメーカーであったという。新型コロナウイルス感染症による多臓器不全のため死去した。28歳没。

5月19日 松田昌士、日本の実業家、元JR東日本社長。井手正敬、葛西敬之と共に「国鉄改革3人組」と称され、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に尽力した。84歳没。

5月20日 アドルフォ・ニコラス、スペインのカトリック教会司祭、神学者、第30代イエズス会総長。1964年上智大学神学部に入学して神学を学ぶ。晩年、健康を害した後、上石神井にあるイエズス会の静養施設で暮らした。84歳没。

5月21日 オリバー・ウィリアムソン、アメリカ合衆国の経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。これまで新古典派経済学では完全合理的に効用を最大化する人間が仮定されてきたが、彼は人間は限定合理的であり、機会主義的な性格をもつものと仮定した。87歳没。

5月23日 木村花、日本の女子プロレスラー。以前から「テラスハウス」出演時の言動などをめぐりSNS上で誹謗中傷を受けていた。「コスチューム事件」が配信されると、SNSで「死ね」などの激しいバッシングを受け、精神的に追い詰められ、自ら命を絶った。

「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』というストーリーで片付けられてしまう。真相は全然違うんです。彼女はスタッフの指示通り、ヒール役に徹しただけ。せめて花の名誉を回復してあげたい」(母、木村響子)

5月25日 ジョージ・フロイド、アメリカ合衆国の男性。米国ミネソタ州ミネアポリスで逮捕される途中に警官に死亡させられたアフリカ系アメリカ人である。彼の死に反応して、彼の死そのものや、黒人の人々へのこれまでの警官の暴力的対応への抗議デモが、全米や諸外国で急速に拡大した。46歳没。

大坂なおみ選手 全米オープンで優勝 黒いマスクで人種差別に抗議

5月31日 クリスト、ブルガリア出身のアメリカ合衆国の芸術家。歴史的建造物などを布やプラスチックで覆うアートで有名だった。84歳没。

5月31日 大西孝典、日本の政治家、元衆議院議員(民主党所属)。奈良県吉野郡川上村生まれ。県立畝傍高等学校、上智大学法学部卒業。2009年、第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で奈良4区から立候補、比例近畿ブロックで復活し、初当選した。64歳没。

【6月】

6月5日 横田滋、日本の北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の元代表、日本銀行元職員、横田めぐみの父。1997年3月、日本各地の被害者家族とともに家族会を結成し代表に就任した。以来、妻の早紀江とともにすべての都道府県を巡回した救出を求める署名活動や1400回を超える講演を重ね救出運動に尽力。その象徴的存在になった。87歳没。

6月19日 イアン・ホルム、イギリスの俳優。英演劇界の名優で、「ロード・オブ・ザ・リングス」のビルボ・バギンズなど数々の名演を残した。88歳没。

【7月】

7月6日 エンニオ・モリコーネ、イタリアの作曲家、指揮者。映画音楽の名手として世界的に知られる。「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続夕陽のガンマン」など、数々のマカロニ・ウエスタン(イタリア製の西部劇)に楽曲を提供した。91歳没。

7月10日 朴元淳、大韓民国の弁護士、市民活動家、政治家、ソウル特別市長。人権派弁護士・フェミニストと称され、親中反日的な言動で知られた。失踪・遺体で発見される前日の夜、元秘書によるセクハラ告発があったと報じらた。64歳没。

7月17日 ジョン・ルイス、アメリカ合衆国の政治家、公民権運動活動家、下院議員。1965年、アラバマ州セルマのエドマンド ペタス橋の上で「血の日曜日」として知られる事件が起きた。黒人に平等な選挙権を求め、平和的にデモ行進していたルイス氏と参加者は武装警官から襲われた。ルイス氏は頭蓋骨を骨折した。80歳没。

7月18日 三浦春馬、日本の俳優、歌手。日本を代表する俳優の一人としてドラマ・映画・舞台・ミュージカル等幅広く活躍し、演技力に加え卓越した歌唱力とダンスの技術により「表現者」とも称された。レインボーブリッジの袂のマンションで自死。30歳没。

新型コロナウイルスの影響により途中で打ち切りとなった「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜」の千秋楽での舞台挨拶、2020年3月27日。
「モチベーションを保つことがどの産業においても難しい時期なのかもしれません。ですけど、やっぱり僕たちが演劇を信じること……僕はこの産業は、とても血の通った仕事だと自負しています。この血の通った仕事がいつか、皆さんの気持ちを高めてくれるんじゃないかなと信じて、もっともっと、皆さんがエンターテインメントに触れる時に、そのエンタメがもっと質の高いエンタメとして皆さんのもとに届けられるように、僕たちは一生懸命にその日まで色んなスキルを身につけて皆さんに感動をお届けできればいいなと強く思います。なので、また会える日を願って、皆さんの健康を、これからの健康を願って、お別れの言葉とさせていただきます。本日は本当にありがとうございました。」

7月21日 山本寛斎、日本のファッションデザイナー。1971年に、日本人として初めて、ロンドンでファッションショーを開催した。このロンドンのショーがデビューとなり、1974年にパリコレクション、1979年にはニューヨークコレクションに参加。フランス・パリ、イタリア・ミラノ、米国・ニューヨーク、スペイン・マドリードなど世界各地の主要都市に「ブティック寛斎」を出店しファッションデザイナーとしての地位を確立した。76歳没。

7月21日 弘田三枝子、日本の歌手。歌唱力とパンチの効いた歌声で、洋楽をカバーした和製ポップスを歌ってヒットをさせ、和製R&B娘とも評された。後のミュージシャン、都はるみ、大瀧詠一、山下達郎、竹内まりや、桑田佳祐らに多大な影響を与えた。「ヴァケーション」「夢見るシャンソン人形」「人形の家」「レオのうた」など大ヒットを連発した。73歳没。

7月26日 オリヴィア・デ・ハヴィランド、アメリカ合衆国の女優。ハリウッド黄金期に活躍した最後のスター俳優の1人。1939年の「風と共に去りぬ」で主人公と対照的な女性として描かれるメラニー役を演じた。104歳没委。

7月30日 李登輝、台湾の政治活動家、農業経済学者、第4代中華民国総統。台北高等学校卒業後、京都帝国大学農学部農業経済学科に進学した。「台湾民主化の父」「親日家」。97歳没。

「日本がもう一度アジアのリーダーとして輝けるよう、後藤新平のようなリーダーの出現を期待している。」(2007年5月4日 後藤新平の生誕150周年式典にて)

「今回の震災は、私たちが恩返しする番だと考えた。しかしレスキュー隊派遣の意思に対し、残念ながら1日返事を待たされたばかりか、『救助隊への要請はもっと先になる』というつれない返答だった。中国の救助隊派遣表明におもねったというのが真相だろう。だがわがレスキュー隊は日本政府の対応を待たず、総勢35名が自主的に出発。日本のNPO法人の協力のもと、中国と同日の13日に到着し、岩手で救援活動を行なった。少しは恩返しができただろうか。」(SAPIO 2011年5月25日号より)

李登輝・元台湾総統が死去、97歳、民主化に尽力

7月31日 アラン・パーカー、イギリスの映画監督。「ダウンタウン物語」「フェーム」「エビータ」。76歳没。

【8月】

8月10日 渡哲也、日本の俳優、歌手、実業家。石原裕次郎亡きあとの石原軍団を率いた。災害があれば軍団を引き連れ、いち早く被災地入り被災住民を励ました。「大都会」「西部警察」「くちなしの花」他。78歳没。

8月17日 岩本多代、日本の女優。「おっぺけぺ」「さすらい」などの舞台に出演して注目された。「北の家族」「澪つくし」他。品のいいお母さん役で親しまれた。80歳没。

8月22日 内海桂子、日本の漫才師、タレント、女優、漫才協会名誉会長。現役最年長芸人として活躍した。大正に生まれ昭和、平成、令和と時代と四つの時代を駆け抜けた。芸歴80年。97歳没。

8月23日 渡部恒三、日本の政治家、元衆議院議員(自由民主党・新生党・新進党・無所属の会・民主党所属)、第64代厚生大臣、第39代自治大臣、第49代国家公安委員会委員長、第55代通商産業大臣、第60・61代衆議院副議長。自由民主党所属時は竹下派七奉行の1人だった。88歳没。

8月25日 沖至、日本のジャズトランペット奏者。

8月28日 岸部四郎、日本のタレント、俳優、元実業家。ジュリーや兄の岸部一徳さんとともに「ザ・タイガース」で一世を風靡した。解散後も売れっ子タレントとして活躍していたが、ビジネスの失敗から自己破産。71歳没。

8月28日 チャドウィック・ボーズマン、アメリカ合衆国の俳優。大ヒット映画「ブラックパンサー」の主演などで知られた。43歳没。

8月31日 トム・シーバー、アメリカ合衆国の元プロ野球選手(ニューヨーク・メッツなどでプレー)。75歳没。

【9月】

9月10日 村上正邦、日本の政治家、元自由民主党参議院議員、第57代労働大臣。在職中は参議院自民党において多大な影響力を持ち、「タカ派」「参院のドン」と呼ばれた。88歳没。

9月10日 ダイアナ・リグ、イギリスの女優。テレビドラマ「おしゃれ(秘)探偵」や「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演した。82歳没。

9月12日 テレンス・コンラン、イギリスの家具デザイナー、実業家。家具や内装などを通じて生活スタイルに変革をもたらした。88歳没。

9月14日 芦名星、日本の女優。クールビューティーな魅力で男女ともに好かれた。昨年は小泉孝太郎との熱愛が発覚、仕事にも恵まれ順調そのものに見えたが…自殺。36歳没。

9月18日 ルース・ベイダー・ギンズバーグ、アメリカ合衆国の裁判官、合衆国最高裁判所判事。米最高裁の史上2人目の女性判事で、女性や少数者の権利を強力に擁護した。87歳没。

9月19日 守屋浩、日本の歌手、タレント、ホリプロダクション元取締役宣伝部長。「僕は泣いちっち」「有難や節」他。81歳没。

9月19日 斎藤洋介、日本の俳優。面長が特徴で、しばしば「モアイ顔」と愛された。69歳没。

9月20日 藤木孝、日本の歌手、俳優。若かりし頃はロカビリー歌手として女性たちから黄色い声援を浴びて一世を風靡した。人気絶頂の中、俳優に転身し数々のドラマやミュージカルで活躍した。自宅で自殺。80歳没。

9月22日 ロード・ウォリアー・アニマル、アメリカ合衆国のプロレスラー(ザ・ロード・ウォリアーズ)、元WWF/WWE世界タッグ王者。60歳没。

9月27日 竹内結子、日本の女優、ナレーター。中村獅童との離婚後、長らくシングルマザーとして奮闘。令和を迎える直前に5歳年下の俳優中林大樹と再婚し、今年の1月には第2子を出産したばかり。幸せの絶頂にあるかに見えたが…自殺。40歳没。

【10月】

10月4日 高田賢三、日本のファッションデザイナー、ファッションブランド「KENZO」創業者。パリ在住の高田氏、9月初旬に出掛けた南フランスでのバカンス後、新型コロナウイルスで体調を崩し入院・逝去した。81歳没。

10月6日 エドワード・ヴァン・ヘイレン、オランダ系アメリカ人のロック・ギタリスト、作曲家、音楽家、ヴァン・ヘイレンメンバー。広く尊敬を集めているギタリストで、米ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」を共同結成。65歳没。

10月7日 筒美京平、日本の作曲家。作品は3000曲ともいわれる。洋楽をベースにした洗練されたメロディーは歌謡曲黄金期を支え、太田裕美「木綿のハンカチーフ」、小泉今日子「なんてったってアイドル」など、ヒット曲を連発した。80歳没。

10月12日 森川正太、日本の俳優。「おれは男だ!」「飛び出せ!青春」他。67歳没。

10月14日 クニオ・ナカムラ、パラオの政治家、第6代大統領、日系人。76歳没。

10月19日 鬼海弘雄、日本の写真家。75歳没。

10月25日 李健熙、韓国の実業家、元サムスン電子会長。李会長は父親の立ち上げた小さな貿易会社を、保険から流通まで手掛ける大企業に育て上げた。また、サムスン電子は世界でも有数のテクノロジー企業となった。78歳没。

10月29日 中村慶一郎、日本のジャーナリスト、政治評論家、元内閣総理大臣秘書官(三木武夫内閣)。86歳没。

10月31日 ショーン・コネリー、スコットランドの俳優、スパイ映画『007』シリーズ初代ジェームズ・ボンド役。90歳没。

【11月】

11月12日 小柴昌俊、日本の物理学者、天文学者、東京大学特別栄誉教授、ノーベル物理学賞受賞者。1987年、自らが設計を指導・監督したカミオカンデによって史上初めて太陽系外で発生したニュートリノの観測に成功した。94歳没。以下は、小柴の名言。

「運を捕まえられるかどうかは、日ごろから準備していたかどうかだ。」

「アメリカでは偉い先生が間違ったことを言っても、それはおかしいと言える環境がある。しかし日本では偉い先生が間違ったこと言ったら、学生は萎縮してしまって何も言えない。偉い先生が言うから、それに従うなんてのは僕はおかしいと思う。自分がこうあるべきだと思うことをやらなきゃ。」

11月12日 四世 坂田藤十郎、日本の歌舞伎俳優、文化勲章受章者、人間国宝。「曽根崎心中」のお初で「扇雀ブーム」を起こし、近松座で近松門左衛門作品に取り組み続けた。妻は女優で元参院議長の扇千景、妹は女優の中村玉緒と芸能一家である。88歳没。

11月25日 ディエゴ・マラドーナ、アルゼンチンの元サッカー選手、指導者、元同国代表選手・監督。60歳没。

11月28日 デヴィッド・プラウズ、イングランドの俳優。映画「スター・ウォーズ」シリーズでダース・ベイダー役を演じた。85歳没。

【12月】

12月2日 ヴァレリー・ジスカール・デスタン、フランスの政治家、第20代大統領。94歳。

12月5日 免田栄、日本の男性、元免田事件被疑者。1948年に熊本県人吉市で発生した強盗殺人事件の被疑者として逮捕・起訴され、死刑判決が言い渡されて確定したが、後に再審で無罪が確定した。95歳没。

12月7日 有馬朗人、日本の物理学者(原子核物理学)、第24代東京大学総長、俳人、政治家、第125代文部大臣、第58代科学技術庁長官、元自由民主党参議院議員。90歳没。

12月7日 小松政夫、日本のコメディアン、タレント、俳優、声優。「小松の親分さん」や「しらけ鳥」「表彰状、あんたはエライ!」のネタや歌で昭和の子供たちの爆笑をさらった。78歳没。

12月9日 パオロ・ロッシ、イタリア出身のイタリア代表サッカー選手。選手時代のポジションはフォワード。64歳没。

12月11日 キム・ギドク、韓国の映画監督。59歳没。

12月12日 ジャック・シュタインバーガー、ドイツ出身のアメリカ合衆国の物理学者、ノーベル物理学賞受賞者。1962年、 レーダーマンと2種類のニュートリノを確認した。99歳没。

12月12日 ジョン・ル・カレ、イギリスの作家。東西冷戦中に英情報部で働いた経験をもとにスパイ小説を書く。89歳没。

12月13日 浅香光代、日本の剣劇女優。野村沙知代とのサッチー・ミッチー熟女バトルで、ミレニアムに沸く21世紀初頭の日本を大いに賑わせた。生粋の江戸っ子らしく歯に衣着せぬ物言いが痛快な浅香さんだった。92歳没。

12月17日 林家こん平、日本の落語家。「笑点」では40年近く日曜のお茶の間を楽しませた。77歳没。

12月20日 エズラ・ヴォーゲル、アメリカ合衆国の社会学者。1979年に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を出版して日本でベストセラーになった。90歳没。

12月20日 中村泰士、日本の作詞家・作曲家。「喝采」「北酒場」「そして…めぐり逢い」他。81歳没。

12月23日 なかにし礼、日本の小説家、作詞家。「北酒場」「石狩挽歌」「わが人生に悔いなし」「港町ブルース」「まつり」他。82歳没。

12月24日 イヴリー・ギトリス、イスラエルのヴァイオリニスト。親日家。98歳没。
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東日本大震災にはたいへん心を痛めた。急遽、チャリティ・コンサートを行うことを決め、来日し、東京、名古屋で演奏会を開催した。コンサート合間の6月1日、宮城県石巻市にある避難所の石巻市立女子高等学校を慰問し、体育館で約200人の被災者や生徒を前に、エルガー作曲の「愛の挨拶」や日本の唱歌「浜辺の歌」を演奏。その後、石巻市立門脇中学校の音楽室を訪れ、吹奏楽部の生徒たちと交流、バッハの無伴奏パルティータを演奏すると、そのお返しに生徒たちは「ふるさと」を演奏した。

12月25日 K・C・ジョーンズ、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手・指導者、1956年メルボルンオリンピック金メダリスト、バスケットボール殿堂。88歳没。

12月27日 羽田雄一郎、日本の政治家、参議院議員(民主党・民進党・国民民主党・立憲民主党所属)、第17代国土交通大臣。父は羽田孜元総理大臣。日本の現職国会議員が新型コロナウイルスに感染して死亡した初の事例になった。53歳没。

12月29日 ピエール・カルダン、フランスのファッションデザイナー。1940年代にはクリスチャン・ディオールの独立時立ち上げに参加。その後、それまでは限られた富裕層向けだったオート・クチュール(高級注文服)を大衆向けにアレンジしたプレタポルテ(既製服)を発表し、新しい時代の流れをつくった。98歳没。